ホノルル点描
第 43 回 : 世界のリゾート・ワイキキを生んだ「アラワイ運河」

画: 西川幸夫

 

 
ワイキキ図書館からアラワイ・ヨットハーバーまで流れるアラワイ運河は、ワイキキがかつて ヌアヌ、パロロ、マノアの小川の水が流れ込む沼地だった頃、水はけのために建設が計画され た。
 
ワイキキ周辺には、かつてタロ芋畑や水田があり、魚やアヒルもいたが、一九〇〇年代初頭、この一帯の沼地に蚊が大発生したため、保健衛生上の理由から沼地を干拓し、運河を建設することが決まった。
 
干拓工事は一九二一年から始まり、運河は一九二八年に完成した。運河の建設により、山から流れ込む川の水をワイキキ沖に流さず、アラモアナ寄りの場所に流すことで、一平方マイル弱の現在のワイキキの敷地が生まれた。
 
近隣の衛生のために建設されたアラワイ運河だったが、人工的に造られた川のため流れが遅く、一九四三年には、蚊を媒介して発生する伝染病のデング熱がワイキキで発生した。また、ホノ ルル都心部の排水溝の水も流れ込むため、川底にゴミなどが溜まり、バクテリアの発生も問題になり、これまでに何度も川底を浚渫している。
 
二〇〇六年三月には大雨が続き、下水処理場が許容量以上の下水を処理出来ず、ハネマン・ホ ノルル市長が、下水を一時アラワイ運河に流すことを許可した。このため、暫くワイキキやアラワイ・ヨットハーバーの水に入ることを禁止する事態になった。
 
現在もアラワイ運河の水に浸かることはよくないとしているが、カヌーの練習場としてよく利用されている。アラワイ運河沿いには、ゴルフ場、ハワイ・コンベンション・センターなどがあり、運河沿いの小径は、観光客や地元住民の散歩やジョギングの場所として利用されている。また、随所にベンチもあるため憩いの場所にもなっている。
 
文:榊原 百合惠
<<- ホノルル点描 の目次に戻る