ホノルル点描
第 41 回 : 年間約八十万人が訪れる「ダイアモンドヘッド」

画: 西川幸夫

 

 
ワイキキの東側に位置するダイアモンドヘッドは、約三十万年前に起きた一度の噴火によって出来た死火山。 受皿型の噴火口は、約一・四平方キロメートル。 噴火中に風によって灰が南西部に吹き付けられたため、外輪山の南西部が最高峰になっている。
 
噴火後、火口の外壁が風雨や打ち寄せる波により浸食されたため現在のような形になった。 ダイアモンドヘッドは、その独特な形状のため、一九六八年に国立自然史蹟に指定された。
 
ダイアモンドヘッドの名前の由来は、一七〇〇年代後半、ここを訪れた西欧の探検家や商人が、噴火口壁面の岩石の中に方解石の結晶を見付け、ダイアモンドと間違えたため、ダイアモンドヘッドと名付けられた。
 
ハワイ語では「レアヒ」と言うが、ハワイの伝説で、火山の女神ペレの妹のヒイアカ が、ダイアモンドヘッドの頂上の形が、まぐろ(アヒ)の額(レア)に似ていること から、「レアヒ」と名付けたといわれている。
 
ダイアモンドヘッドの周りには高い山がなく、頂上からは沿岸がよく見渡せるため、 一九〇四年に軍事目的のために連邦政府に買い上げられた。 一九〇八年から、要塞の建設が始まり、最初にカパフル・トンネル(現在閉鎖中)が建設された。
 
その後、頂上に砲撃司令所、外輪山には砲台が五か所建設された。 この砲撃司令所と砲台は、オアフ島を外部の攻撃から守るために建設されたが、戦時中ここから一度も砲撃することはなかった。
 
一九八〇年代には、年間約四万人が訪れるようになり、頂上に登るハイキング道の浸食が酷くなったため、一九九七年より、その一部を舗装したり、整備をしている。 現在は、年間約八十万人が訪れる世界有数の名所になっている。
 
カイマナビーチホテルの前には、戦前、大正天皇御即位大礼記念として日本政府が寄贈した鳳凰の噴水塔があったが、戦時になり荒廃して取り壊された。 現在ある噴水は、卓越した企業家だったウォルター・デリンハム氏の妻のルイーズさんを記念して、かつての噴水跡に、一九六七年に建てられたもの。
 
文:榊原 百合惠
<<- ホノルル点描 の目次に戻る