ホノルル点描
第 33 回 : オアフ日本人官約移民百年祭委員会が建立した「カラカウア王銅像」

画: 西川幸夫

 

 
ワイキキのカラカウア大通りとクヒオ通りの角、「京やレストラン」前の三角公園(ゲートウェイ・パーク)にあるカラカウア王銅像は、
一九九一年に「オアフ日本人官約移民百年祭委員会」により建立された。
 
日本人官約移民百周年に当った一九八五年は、各地で様々な記念行事が繰り広げられた。 このために募金が集められた
が、余剰金があり、「オアフ日本人官約移民百年祭委員会」は、その活用を検討した。 日本人官約移民百周年の記念とし
て後世に残るものとして、カラカウア王の銅像 建立や日本留学奨学金基金の設立などの候補があった。
 
カラカウア王は、世界一周旅行の途中、一八八一年に日本に立ち寄り、明治天皇に謁見した。 王は、ハワイの砂糖耕地の
労働者不足を補うため、日本人のハワイ移民を懇請し、これにより約二十二万人の日本人がハワイに移民した。 「オアフ日
本人官約移民百年祭委員会」は、カラカウア王が、日本人をハワイに招聘してくれたことにより多くの日本人がハワ イに移民
し、その子孫の日系アメリカ人が、現在各分野で活躍していることを踏まえて、カラカウア王への感謝の印として彼の銅像の建
立を決めた。
 
銅像は、世界的に有名な彫刻家のイサム・ノグチに師事したハワイアン 系彫刻家のシャン・ブラウンの作品で、イタリアで創ら
れた。 銅像は、一九八九年にハワイに到着したが、資金不足や建立場所の決定に難航したため、改めて寄付を募り、設計
士、技術者などが無料奉仕した。
 
諸事遅れたため、当初予定していた十一月十六日のカラカウア王誕生日の除幕式に間に合わなくなり、除幕式は延期された。
最初の九百四十四人の日本人官約移民は、一八八五年二月八日に「東京市号」でホノルル港に入港し、カラカウア王に迎
えられた。 この第一回官約移民のハワイ到着日を記念して、予定より二年遅れの一九九一年二月八日にカラカウア王を「ハワ
イ日本人移民の父」と命名して称えると共に、王の銅像が設置された。
 
 
文:榊原 百合惠
<<- ホノルル点描 の目次に戻る