ホノルル点描
第 30 回 : ハワイ王朝最後の女王「リリウオカラニ女王像」

画: 西川幸夫

 

 
イオラニ宮殿とハワイ州庁舎の間の巨大なバニヤンの木を背に、州庁舎に向って立っているリリウオカラニ女王像は、
一九八二年四月、同地に建立された。 一八三八年にホノルルで生まれたリリウオカラニは一八六〇年、米国出身
の白人で、後にオアフ島知事となるジョン・ドミニスと結婚した。
 
一八七三年、カメハメハ五世が死去して直系が途絶え、後を継いだルナリロ王も翌年死去したので、血縁者の中から
リリウオカラニの兄のカラ カウアが選ばれて即位した。 一八九一年、カラカウア王がサンフランシスコで死去後、リリウオ
カラニが第八代女王として即位した。 リリウオカラニ女王は、共和制派が強まる中、ハワイ王政を強める新憲法草案を
閣議に提出したが却下された。
 
王政復古に力を入れるリリウオカラニ女王に危機感を募らせた共和制派は、米軍の出動を要請してイオラニ宮殿を包
囲し、翌日、共和制派は、王政廃止と臨時政府樹立を宣言した。 これを不服とした王政派支持者が反乱を起こした
ことにより、リリウオカラニ女王は首謀者として逮捕され、イオラニ宮殿に八か月間幽閉された。
 
反乱で捕らえられた約二百人の命と引き換えに、女王は女王廃位を強制 され、ハワイ王国は終焉を迎え、リリウオカ
ラニ女王はハワイ王国最後の女王となった。 リリウオカラニ女王は、音楽の才能があり、「アロハ ・オエ」をはじめ、生涯
に約百五十曲もの曲を作曲している。
 
「アロハ・オエ」は、恋人が名残りを惜しみながら別れることを歌った 曲だったが、女王がハワイ王国を失った悲しみの歌
として象徴されるようになった。 平民となったリリウオカラニは、その後も元女王としてハワイ市民に敬愛されながら、余
生をワシントンプレースで過ごしたが、一九一七年、七十九才で亡くなった。
 
州議会では、リリウオカラニ女王像を、彼女に相応しいイオラニ宮殿側に移す案がこれまで何度か出されたが、実現に
は至っていない。 銅像の女王の手には、女王が作詞作曲した「アロハ・オエ」の楽譜と、彼女が 英訳したハワイ創世記
といわれる「クムリポ」が握られており、ハワイ の始まりと終焉を暗示しているといわれている。
   
文:榊原 百合惠
<<- ホノルル点描 の目次に戻る