ホノルル点描
第 19 回 :ハワイ王国の復古が宣言された「トーマス・スクエア」

画: 西川幸夫

 

 
ホノルル・アカデミー・オブ・アーツの向かいに大きなバニアンツリーが繁る 「トーマス・スクエア」がある。 ハワイ最古の
公園で、この地にはハワイの歴史的エピソードが秘められている。
 
一八四〇年代初頭、ハワイ王国のイギリス領事は貿易商リチャード・チャール トンという人物であった。 チャールトンは、
ハワイ王国をイギリスの領土にし、イギリス商人が太平洋の貿易を独占できるようにと、その機会を狙っていた。 ハワイ
政府と土地をめぐりいさかいとなったチャールトンは、それを口実にハワイに在住するイギリス人の危機と伝え、イギリス
太平洋艦隊に救援を求めた。 それに応えてイギリス海軍、パウレット公爵は二十六門の大砲を搭載した帆船でハワイ
にやってきて、カメハメハ三世にイギリスへのハワイ王国受け渡しを要求し、占領した。 カメハメハ三世は直ちにイギリス
政府とパウレットの上官、リチャード・トーマス司令官に陳情の手紙を送った。
 
パウレット公爵による占領は、カメハメハ三世の手紙がロンドンに届くまでの五か月間続いた。公爵の行き過ぎた行為は
イギリス政府、及びリチャード・ト ーマス司令官を憤慨させた。 当時南アメリカのチリに配置されていたトーマス 司令官は
、イギリス政府の信義を守り、ハワイ王国の独立を再確立するため自らハワイへ。 一八四三年七月三十一日、ハワイ
王国復古が宣言され、ハワイの州国旗が再び掲げられた。 カメハメハ三世のトーマス司令官に対する敬意は、その年の
感謝祭に行われた有名な演説、「ウア マウ ケ エア オ カ  アイナ イ カ ポノ」(島々は正義を持って維持されたり)
に表されている。 そして王政復古の式典が行われたその場所は、司令官の名前にちなんで「トーマス・スクエア」と呼ば
れるようになった。
 
文:阿部 道子
<<- ホノルル点描 の目次に戻る