ホノルル点描
第 15 回 :カーネギーの寄付で建てられた「ハワイ州立図書館」

画: 西川幸夫

 

 
イオラニ・パレス右隣りにあるハワイ州立図書館は、アメリカの大富豪・アンドリュー・カーネギーの寄付によって建てられたもの
である。
 
カーネギー一家は一八三五年にスコットランドからアメリカに移民してきた。アンドリュー・カーネギーは幼い頃から綿製造所の
電報配達人として働き、後に一代で製鋼会社を立ち上げ、当時の世界第二位の大金持ちになる程の財産を築いた人物
である。 引退後は慈善活動に生涯を捧げ、特に彼の図書館創立の情熱は、その愛称「アメリカ公立図書館の父」に反映
される。
 
ハワイ州がカーネギーから十万ドルの図書館建造費を受け取ったのは一九〇九年である。 建物のデザインはカーネギーの
義兄弟ヘンリー・ウィット フィールドが担当、そしてローカルの建築家H・L・カーが監督し、周囲に巡る柱列が特徴のギリシャ・
ローマスタイルで統一した。
 
一九二〇年代にはホノルルの建築家C・W・ディッキーのデザインで、三側面を拡張し、中庭つきの四角形に増築した。 団
扇状の葉を広げるロウルヤシ、花のような白い包みをつけるスパティフィラム、巨木に育つオーストラリアンシダなどの見事な
熱帯植物のコレクションを持つ中庭は図書館利用者の憩いの場である。
 
一九九〇年には十五億ドルを費やしてエアコン、ハンディキャップ設備、三階の増築などの改装を施した。三万冊の寄付図
書から始まった州立図書館の現在の図書数はおよそ五十五万冊で、資料などは一億を超える。 カー ネギーが残してくれた
この美しい建物は、国の歴史的建造物として登録されている。
 
文:阿部 道子
<<- ホノルル点描 の目次に戻る