ホノルル点描
第 8 回 : ファーストレディ・オブ・ワイキキ 「モアナ  ホテル」

画: 西川幸夫

 

 
ワイキキにおける第一号のリゾートホテル「モアナ ホテル」は、一九〇一年三月一日の開業。 すでに百年を越えるが、
今もカラカウア通り中央にひときわその優美な姿を誇っている。
 
このホテルの建築様式は、「ハワイアン コロニアル スタイル」と呼ばれるもので、開業当初は木造五階建て、客室数
七十五の本館のみであった。 一九一八年に鉄筋コンク リート造り六階建てのウィング棟を加え、客室数も二百二十
六となり、現在のH形の建物となった。 その後幾度となく増築・改築が行われ、当初の容貌を全く変えてしまっていた。
 
このホテルを国際興業が取得したのは一九六三年のこと。 それから二十五年後の一九八八年に内外装・構造体・設
備機器の劣化及び法規の変更に伴う防災の不備など改善すべき時だとして、約五千万ドルの巨費を投じて復元大改
装工事に着手した。 工事を担当したのは、東急建設と同社のハワイ法人 パンパシフィック・コンストラクション インク。
 
工事を担当した宇佐見 博氏のモアナホテルの歴史的修復工事レポートは次のように記されている。
● 改修工事に先立ち
改修計画に先立ち、三年にわたって既存建物の事前調査を行った。 内外装の復元にあたり、ディテールがどの程度
再使用可能なのか、構造体の劣化がどの程度進んでいるのか、 設備機器は全面交換しなくてはならないのか、防災
設備は整っているのか、スタッフによる入念な調査・検討がなされた。
 
その結果、
 * 窓枠・手すりなどの装飾は、原形が取りはずされている部分が多く、完全な復元は困難であるが古い写真など
    から推測することによりある程度の復元は可能である。
 * 天井などの装飾は、現存している部分が多く、修復することにより、復元は可能である。
 * 一階ロビー付近の柱・梁は、構造上補強する必要がある。
 * 客室数の割にエレベータが少なく、増設および高速化が必要である。
 * 空気調和設備の機能劣化が目立ち、全面的な工事のやり直しが必要である。
 * 現行の法規にあった防災設備を完備しなければならない。
 * 空気調和・防災設備の変更に伴う電気設備の追加が必要である。 
などが明らかになった。
 
事前調査の結果、再使用可能な部分はできるだけオリジナルを使用して復元するという大前提のもとで改修計画を
進めることにした。 さらに、デザイン的にモアナ ホテルの両側に位置 する国際興業所有のサーフライダーホテルとオ
ーシャンラナイホテルの一体化を図ることに した。 具体的には、ロビー機能をモアナ ホテルに置き、設備機器をサー
フライダーホテルに据え付ける等で、三ホテルが統一された調和を持つようにした。
 
● 外装工事について
外壁:
基本的には外壁のデザインを建築的に変更することは許されず、窓の大きさ・位置はオリジナルに忠実なものである
ことが必要条件であったので、サッシ(木製)や外壁(小巾板下見張りまたはプラスター)も既存のものを全面修理再
塗装することとした。
 
車寄せ:
オリジナルの車寄せは、建物全体を重厚に見せるハワイアンコロニアルスタイルの堂々たる構えであったが、改修前
にはテントを用いたオーニングタイプとなっていた。ほかの部位で はある程度残っていたオリジナルのディテールもこの
車寄せにおいては皆無に近く、写真を手がかりに復元するしかなかった。 写真といっても全景写真が現存する程度で
あり、詳細な部分は推測の域を脱することができなかったが、スタッフの「虫メガネ」をのぞくような作業の結果オリジナ
ルの風格を持った素晴らしい車寄せが復元された。
 
玄関ポーチ:
玄関ポーチも車寄せ同様、大きく様変わりをしていた。 アーチ・欄干は取り払われ、一世紀 の間にホテル前面を覆う
ように成長して来た植栽により光は遮られ、うす暗い空間になっていた。 アーチ、欄干を復元し、植栽も開業当初の高
さにそろえることによりオリジナルの開放的空間を復活させることができた。
 
バンヤンコートヤード:
かつてホノルルの社交の場として、パーティーなどに利用されていたバンヤンコートヤード は、バンヤンの木が中央に
位置し、海を見渡すことのできるワイキキビーチのオアシスとも いうべき場所で、多くの人々が集まって来た。 このオ
アシスもバンヤンの木やそのほかの自然を遮断するように張りめぐらされたテントに覆われ宿泊客の求める憩いの場
所というよりは、ナイトショーなどの会場として利用されていた。 そのテントを取り払い、プールを新設 し、ビーチバーを
改造し、床にはヒマラヤ産の石を割り付けるという全面改修を行うとともにロビーからベランダに通じる空間に連続性を
持たせるようにし、その名にふさわしい快適 なオアシスが復活した。
 
マカイテラス:
マカイテラスは、バンヤンコートヤードに付設された海を見渡せる快適なテラスであったが、 ほかと同様に昔の優雅な
雰囲気をとどめていなかった。 欄干を修復し、床を修繕することにより、前記のバンヤンコートヤードと連続した快適な
テラスとして復元させることができた。
 
屋根:
本館が木造で、ウィング棟が鉄筋コンクリート造となっているため、屋根のジョイント部分に劣化が目立った。 そのた
め、オリジナルを復元するというよりも新しく屋根をかけ直すことにし、特に、本館とウィング棟のジョイント部分の納
まりを吟味することにした。
 
その他:
そのほか、カラカウア通りから見える外観は、その窓枠・欄干等の装飾のほとんどが原形を とどめておらず、車寄せ
同様、写真による照合作業により復元を行なった。
 
● 内装工事について
ロビー:
サービスカウンターの増設などにより、ロビースペースは手狭になっており、中央の吹き抜 けをより魅力的なものに
見せるためにも、全面的な見直しが必要であった。 まず、ロビーでのエレベータ待ち時間を短縮するためエレベータ
を一基増設し、ロビーをより広く使用できるようにフロントデスクをダイヤモンドヘッド側に移すことにした。
 
客室:
オリジナルである本館の客室は、当時のホテルライフを反映し、長期滞在の宿泊客を対象に比較的ゆったりしたつく
りになっていた。 しかし、ヨーロッパの古いホテルがそうであるよ うに、バスルームが小さいなど、リゾートホテル向き
とはいいがたかった。  また、ウィング棟の客室は、今日のシティホテルに見られるように部屋・バスルームともにコン
パクトなつくりとなっていた。 ホテルのグレードを上げるために、客室の面積を大きく取ることとし、今まで四部屋とって
いたスペースを三部屋にするなどレイアウトを見直した。
 
コロニアル様式の装飾:
ホテル内各所に見られた芸術品ともいえるコロニアル様式の装飾の復元にあたっては、オリ ジナルが石こうで造られ
ていることもあり、そのまま復元することが非常に困難であるとの判断から、東南アジアから手彫り製品を輸入して対
応することにした。
 
 
翌年の一九八九年三月二十九日、大改装工事完成のセレモニーが盛大に開かれた。
本紙四月十五日号は次のように伝えている。
この日午後三時半から、往時の姿に復元されたエレガントな車寄せにおいて、日本からかけつけた同ホテル・オー
ナーの国際興業(株)小佐野政邦社長、前社長の故小佐野賢治氏夫人、そして三月一日に国際興業の現地法人・
京やカンパニーの代表取締役・副社長に就任したスタ ンレー高橋氏、パトリック・ベンジャミン・シェラトン・コーポレー
ション上席副社長、ケビ ン・ロイド・モロイ同ホテル総支配人、ワイヘエ州知事、ファシ・ホノルル市長夫人を始め取り
引き関係者四百名が出席、牧師のブレッシンとマイレ・カットが行われた。
 
そのあと、海側の美しく改装された大バンヤンの木があるテラスに移り式典は続けられた。挨 拶に立った小佐野社
長は、「建設されて九十年、多くの著名な方々を迎えた輝かしい歴史を持つモアナ・ホテルは、既に老朽化して満足
なサービスは出来ず、保安上の問題もあって建て替えをしたかったのです。 しかし、連邦政府の歴史的建築物指定
があり、近代的なビル建設は不可能ということで、重役会議でも閉鎖の意見もありました。
 
しかし私は、国際興業が一九六三年からハワイでホテル業を始めてから今日まで、州当局、州 民の皆様から頂い
た温かいご支援、ご協力に対する感謝の意を込め、五千万ドルを投資して、 建設当時の姿に復元、内部を近代的
に改築する大工事を決意しました。 今日、ワイヘエ州知事始め各界の方を迎え、そのオープニングを行えたことを感
謝しております。 また施工のパン・ パシフィック建設会社及び関係各位のご努力にも感謝しております。 今後ともこ
のハワイの大切な自然と伝統と文化を守り、秩序ある経営を行っていきたいと思っています」 と挨拶した。
 
なお、この完成と同時に、隣りのサーフライダー・ホテルと一体となり、名称を『シェラトン・ モアナ・サーフライダー・ホ
テル』に改められた。
 
文: 永井雄治
<<- ホノルル点描 の目次に戻る