ホノルル点描
第 4 回 : 太平洋のカーネギーホール 「ハワイ・シアター」

画: 西川幸夫

 

 

ホノルル・ダウンタウンの中心、ベセルとパウアヒ街角にあるネオクラシック調の「ハワ イ・シアター」(観客席1724)。
柿落としは一九二二年と、その歴史は古い。 一九二〇年代に、欧米で建設されたネオクラシックの劇場は数百か所
あったが、現存しているものは少ない。

 

正面玄関上部の柱頭には、アカンサス(ハアザミ)の葉を装飾した古代ギリシャのコリン ト様式がみられる。 劇場内の
モザイク画は有名な彫刻家ゴードン・ユズボーンによるもので、その色彩はスペインのアルハンブラ宮殿の壁画を思わ
せる。 観客席一、二階はイタリア風の馬蹄形。 一階観客席の内側には、それぞれボックス席もあり、どの席からも舞
台がよく見え、音響効果も素晴らしい。

 

ハワイ随一のシアターとして、オペラ、バレエ、ファッションショー、ミュージックショ ー、演劇はもとより、日本から歌舞
伎、能楽、狂言、文楽など多岐に亘る公演が行なわれ長年に亘って市民に親しまれた。  一九七八年に合衆国とハワ
イ州から歴史的建造物に指定されている。

 

設備の老朽化から、一九八四年六月に閉鎖され、二千三百万ドルを投じて十 年間、修復・改装工事が行なわれ、一
九九六年五月にほぼ建設当時の姿を取り戻し再開された。 その後も、公演の間にコンピュータ時代にそった舞台装
置、照明、音響設備の改修 が順次続けられている。

 
文: 永井雄治
<<- ホノルル点描 の目次に戻る