ホノルル点描
第 1 回 : スティーブンソンの愛した 「ハウツリーの木陰」

画: 西川幸夫

 

 
ワイキキ地区の東端、ニュー・オータニ・カイマナビーチ・ホテルのロビー海側に、軽食 レストラン「ハウツリー・ラナイ」がある。
名前のごとく、ここにハウの古木があるが、この木陰を、「宝島」や「ジギル博士とハイド氏」で知られるスコットランドの文豪
ロバート・スティーブンソンが、こよなく愛し、ここで原稿を執筆したと言われている。
 
スティーブンソンがハワイを初めて訪れたのは一八八九年。当時〈サンスーシー〉(仏語 で〈無憂〉の意)と呼ばれたこの臨
海別荘が大変気に入り、一八九三年の二度目の来布時 にはここに宿泊し、その来客名簿には「素晴らしい眺め、新鮮な
空気、透き通った海、極上の食事、心奪われる夕陽、その様な所をお望みでしたら、私はためらわずに、サンスーシーをお
薦めします」と書き残している。
 
サンスーシーとは、ここのビーチの名前で、その昔、ハワイの名家であるマキナニーファ ミリー(デパートなどのオーナー)の
別荘があった。 今、レストランを囲っている白い柵 は、その頃からの名残りという。 一九五〇年代、この土地を地元のビジ
ネスマン・重永茂夫氏が取得、日本の投資家と共同でカイマナ・ホテルを開業、その後増築し、一九七六年 からニューオー
タニ・ホテルの経営となっている。 時は移り人の姿は変わっても、ここには同じ夕陽の美しさがある。

 

文: 永井雄治
<<- ホノルル点描 の目次に戻る