長門市の観光・文化 長門市トップページへ

第1景 あふれる湯治客の風情 〜俵山温泉〜

醍醐天皇の延喜16年(916年)の発見と伝えられ、以後千余年の伝統を持つ温泉として、現在 国民保養温泉地に指定されている。

海抜約150メートルで俗界を離れ、正川の清流をはさんだ山間の湯の町で移り変わる四季の風光は心身保養に好適である。

温泉の効能としては、神経痛、リウマチ、皮膚病に特効があることで知られ、たくさんの湯治客が訪れている。

俵山温泉の特徴は、ほとんどの旅館が内湯を持たないことにある。宿から浴衣姿に下駄でカランコロンと外湯に向かう。

 ゆったりと暖まり、また宿へ帰る。

<< 前のページへもどる 
<< トップページへもどる  
(c)2005 長門市 All rights reserved.